EDRは自動車のフライトレコーダー 
事故原因の究明へ、
最新のEDRデータ解析ならセーフティワークス

MENU

最新のEDR(イベントデータレコーダー)データ解析技術で、困難な自動車事故の原因を究明! 

EDRの活用で中古車市場の信頼性を向上!

セーフティワークスは最新のEDRデータ解析技術を用いて、事故原因の究明を行う専門家です。

自動車事故の検証において重要な証拠!EDRデータ 

EDR(イベントデータレコーダー)は自動車事故の瞬間に車両の重要なデータを記録し、それを通じて事故の詳細を明らかにする役割を果たします。

事故の原因や状況を正確に把握するためには、EDRからのデータ抽出解析が欠かせません。EDRは自動車に搭載されたデータ収集装置であり、衝突時に発生した速度やブレーキの踏み込み具合、エアバッグの展開タイミングなど、事故発生時の様々なデータを記録しています。

EDRデータは事故調査の効率化と正確性向上に不可欠です。現代の自動車事故の調査において、EDRデータは新たな基準を確立し、安全と正確性をもたらす不可欠なツールとなっています。


セーフティワークスでは、EDRデータ抽出解析サービスを提供しており、事故現場でのデータ取得から解析まで一貫して行います。専門のエンジニアがEDRデータを解析し、事故の原因や状況を詳細に分析します。また、解析結果を分かりやすくレポート化し、裁判などでの証拠としても活用できます。

中古車市場において有効的!EDRデータの活用

EDRデータの活用により以下の有効利用が可能となります。

<事故の履歴情報>
EDRデータは車両の過去の事故情報を提供できるため、中古車の購入者にとって価値がある情報となります。購入者は中古車の事故歴を確認し、安全性を考慮して選択することができます。

<購買決定の支援>
EDRデータは購入者にとって中古車選択の際に重要な要因となり、信頼性やセーフティに関する情報を提供できます。これは購買者にとって有益であり、中古車業界において差別化を図る要因になります。

<車両メンテナンス>
EDRデータは車両のメンテナンス履歴や異常の検出に役立ちます。購入者や中古車ディーラーは、車両の状態を正確に把握できるため、車両の価値や信頼性を評価できます。


<詳細な事故調査>

中古車ディーラーや保険会社においては、EDRデータを使用して車両が過去に事故に巻き込まれたかどうかを調査できます。これにより、正確な評価と価格設定が可能になり、トランザクションが円滑に進行します。



中古車販売においては、第三者評価による客観性の担保という意味では、EDRデータを活用することで事故履歴の証明をすることができます。つまり、一般ユーザー購入者にとっては、外観や査定情報では得られない過去の事故歴の確認を容易にすることができ、販売店にとっても中古車両の品質について信頼性を高めるために役立ちます。


セーフティワークスでは、公平かつ公正な第三者の独立した企業としてEDRデータを活用し透明性、信頼性の高い客観的な証明データを提供することが可能です。